2008年05月19日

渚滑岳(1345.2m)

メンバー・・・はまなす山岳会6名
コース・・・オサツナイ川林道から
タイム・・・登り4時間 下り・・・2時間10分

リーダーは“残雪の長靴登山”を予定していたようですが、もう残雪は期待出来ませんふらふら そんな訳で

藪漕ぎ登山爆弾


となりました。

登山ジャンルはここ数年その魅力にはまっている“藪山”です。
ついつい情報収集をしてしまいがちだけど、過剰な情報は自分の判断を迷わす事になるのだと実感しました。
自分の力で読図して、微かな沢形や動物の踏み跡を探したり、植生の変化等で藪の薄い場所を選んで登る

野生の感ひらめき


を、働かせるのが“藪山”の楽しさなのです。

オサツナイ川林道は6kmも車で入る事が出来て575mで林道終了です。ここから沢を詰めて902峰を目指します。

902峰(西側750m付近より)↓

PA0_0009.JPG

とっても存在感のある

岩峰exclamation×2


沢の中から見えたシルエットは、902峰と認めなくなかったけど・・・

ここまで沢歩きは1時間弱。このあと、藪漕ぎ突入パンチ
笹&蔓と格闘しながら消えつつある沢形を辿ると

ネギ畑ぴかぴか(新しい)


だんだん&どんどん傾斜がきつくなり、902峰を見下ろす場所(ここも“ネギ畑”)でランチタイムレストラン

902峰って東側は潅木が豊富なのね。西側とは大違いだよがく〜(落胆した顔)

エネルギー補給をして残り100mを登るパンチ 
足元はネギ&ネギぴかぴか(新しい)  3番手以降になると“ネギ”のにおいで咽てしまう〜
30分ちょっとで頂上到着手(チョキ)
後続メンバーを待ちながら雪渓でビールビールを冷やし、三角点探し目

探すことが出来ませんでしたたらーっ(汗)


やっぱり、私の“野生の感”はまだまだですふらふら
冬に付けたと思われる赤布の木の下で記念撮影カメラ
喉を潤したらビール、速攻下山ダッシュ(走り出すさま)
急斜面の下降は“壁”になっているので、尾根に乗るのが難しい爆弾
リーダーが付けて来てくれた紙テープを目印に降りたけど、登った尾根と違うexclamation&question
とりあえず、902峰が見えるまでどんどん降りるダッシュ(走り出すさま)
やっと、902峰が見えて“現在地確認目” 安心した所で

収穫タイムるんるん


後は、コンパス合わせて沢に向かってGOダッシュ(走り出すさま)
下りの沢は30分弱で終了ー(長音記号1)
久しぶりに

達成感一杯でしたグッド(上向き矢印)


更に今回は7人乗り車両1台で、高速道路も無料区間&ETC通勤割引を利用してお得感一杯(ネギも一杯)な一日でした。

本日のメンバーはリーダーと私以外

60歳オーバー手(チョキ)


前日も美味しい物を沢山背負って神居尻山に登ったのに、そのパワーの源は

ネギexclamation&question


なのでしょうか?
posted by lucky at 20:48| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
luckyさんも春早々薮漕ぎしたんですね。ご苦労様でした。
薮に突入する心構えがまだきちんと出来ていないうちの薮漕ぎは大変です。

という私もやってきましたよ!
“道南マッターホルン”と呼ばれているらしい岩子岳(801m)です。根曲がりの薮漕ぎを5時間もすると両手、両脚が傷だらけと成ってしまいました。
今シーズンもまた一緒に薮漕ぎしましょうね。
Posted by marbo at 2008年05月19日 21:08
marboさんお久しぶりです。
こんなに早く沢足袋を履くと思ってませんでしたよ。1ヶ月前までスキーしてたのに・・・。
これから7月のコンペまで‘クライミングモード’なので、コンペが終わったら沢&藪を満喫したいです。
宜しくお願いします!
Posted by lucky at 2008年05月20日 08:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

岩子岳(801m)
Excerpt: [画像]  例年なら、残雪期の長靴登山が終わり、岩登りをやって、それから“沢登り”という順番なのだが、今年は先週に雪山登山を終わったばかりだというのに、もう沢に入りました。  今年の沢初めとなった沢は..
Weblog: 大好き!Mt.Onne
Tracked: 2008-05-19 21:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。