2012年03月06日

沖内山(583m)

ルート・・・吉住炭鉱から
タイム・・・車止め発7:55 頂上11:35〜12:20 車止め着14:20
メンバー・・・監督プリンス

日曜はお久しぶりのO&Oコンビとマイナーな山へスキー
懲りずに誘っていただいて

ありがたいわーい(嬉しい顔)


チラチラ舞い落ちる雪とドンヨリ雲を見上げながらも‘回復傾向’の天気予報を信じながら出発ダッシュ(走り出すさま)
地形図では平坦に見える尾根は何度かアップダウンがあるので帰りの登り返しの為にパワーを温存しておかねばあせあせ(飛び散る汗)
420mの尾根に出ると目指すピークはもうすぐ

沖内山↓


沖内山.jpg


うひょー(長音記号1) スキーレッスンで滑ったダイナミックコースみたいな斜面だよ目
最後の急登を登る頃には

青空↓


青空.jpg


うふふ 信じる者は救われるのねハートたち(複数ハート)
快晴無風の頂上で大休止喫茶店
前日にプリンスが登った真っ白な坊主山が遠くに薄っすら見えました

坊主山↓


坊主山.jpg


白いニット帽を被った監督が

「坊主はここだ」


今日も冴えてますね決定
登ってみたい山の一つポロシリ山(730.2m)は後から眺めるととっても控えめな山でした
登って来た方向からブンブン音を出していたスノーモービルはせきたん山で遊んでました

監督チェック中↓


監督チェック.jpg


下りのダイナミックコースはプラブーツで板に乗る感覚を確かめているうちに終了ー(長音記号1)

なんてこった爆弾


華麗に滑り降りていくお二人に着いて行くのがやっとあせあせ(飛び散る汗) 下山を惜しむように度々休憩してくれる監督に感謝ですわーい(嬉しい顔)
厳冬期も過ぎ日も長くなってきたので山モードで楽しもうっとグッド(上向き矢印)

プリンスのテリトリーは意外と近かったなひらめき

posted by lucky at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。