2010年06月07日

チャラツナイ海岸

週末は登別・T師匠企画の‘沢研修’へ行って来ました

数年前から毎年お誘いいただいてましたが6月は‘お手伝い月間’の為参加した事がありませんでしたたらーっ(汗)

今年もお手伝い作業とバッティングしてしまいましたが そろそろクライミングも沢登りも基本を復習しておきたかったので参加させていただきました(作業に参加された皆さんごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)

チャラツナイ海岸は指導員のお受験の時に来た事がありましたひらめき
あの時は大人数だったので2本くらいしか登れなかったけれど

今日は登り放題るんるん


普段はインドアクライミングばかりですのでね セルフビレー&セカンドの引き上げ&懸垂下降など しっかり復習しました決定

そんな訳で今シーズンの外岩はアルパインからでした(^^ゞ

チャラツナイ海岸↓


チャラツナイ1.jpg


引潮フェースの前岩で2本登って(1本はリードさせていただきました手(チョキ))Bフェースへ移動ダッシュ(走り出すさま)

師匠達は年に一度はこちらのエリアに来て終了点の整備をしているようで 今回も残置スリング1本追加

浜辺で日向ぼっこ&お食事をしてからいよいよDフェースへダッシュ(走り出すさま)

午前中はポカポカ陽気の快晴晴れだったけれど 午後からは

ガスって来たexclamation&question


息ピッタリの室蘭コンビ↓


チャラツナイ2.jpg


リードするO崎師匠はガスの中へ↓


チャラツナイ3.jpg


セカンドで登らせていただきましたが 出だしが逆層なのでスメアを効かせたり 岩が脆いのでプッシュで登ったりといつもとは違う引き出しが開きましたひらめき

てっぺんからの景色を楽しみにしていたけれど

真っ白しろすけ爆弾


T口師匠が登って来てから残置スリングの交換後下降 なんと

50mの懸垂下降がく〜(落胆した顔)


落石の恐怖もあり ドッキドキハートたち(複数ハート)の長ーい下降でした

浜辺に戻ると今夜の宴会メンバー&明日の沢登りメンバーも来ていて宿泊場所へ移動車(RV)

先に到着していたK野師匠&姫が採れたて山菜のお料理を準備してくださりレストラン 一人一品持ち寄り料理やN井シェフの豪華料理で宴会開始ビール
瓶に入った‘芋焼酎’は絶品でございましたるんるん

遅れてきた沢メンバーが到着する度に 記念撮影カメラと乾杯ビールを繰り返し日付が替わる寸前にお開きとなりました眠い(睡眠)


posted by lucky at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 外岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152544683

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。