2010年05月03日

鳥海山(2236m)

コース・・・祓川コースピストン

タイム・・・鳥海道の駅発5:10 祓川駐車場着7:10 駐車場発8:50 1950m付近11:45〜12:00 駐車場着12:35 東由利道の駅15:30〜17:00 JR横手発18:04 JR盛岡着19:39 食事20:00〜21:10 にしね道の駅着22:00

朝起きてトイレの鏡を見たら

サダ子モバQ


になってましたふらふら

夕べはちょっと盛り上がり過ぎましたねバー

今日の核心は登山口までのアプローチ車(セダン) 朝ご飯は登山口で食べる事にして早速ドライブ
ナビに導かれて到着した場所は

レクリェーションの森exclamation&question


この先は通行止めでございましたもうやだ〜(悲しい顔) 駐車場にはここで宿泊したと思われる車が数台 祓川への道のりを尋ねてみたら「花立牧場からだよ」とナイスアドバイスをいただいてナビにインプット
そうかそうか いきなり祓川ヒュッテを目的地にしたので此処に来たのねひらめき 鳥海山の裾をぐるっと回ったら

カッコイイ鳥海山↓


鳥海山.jpg


うふふ 今日も山日和ですなぁグッド(上向き矢印)(30分くらいロスしちゃったけどね)花立牧場を通り過ぎて雪壁の山道をどんどん進んで行くと

無事に着いた手(チョキ)


上の駐車場はすでに満杯がく〜(落胆した顔) 下の駐車場も残り僅かでギリギリセーフあせあせ(飛び散る汗) 外に出てみると

風が強いexclamation&question


またですか〜たらーっ(汗) 朝ご飯を食べて出発準備をしていると‘登別ご一行様’のバスバスが来た わ〜いるんるん 今日もご一緒

登別の皆さん↓


登別1.jpg登別2.jpg


大人数だけどチームワーク抜群グッド(上向き矢印)

なるべく登り返しの少ないルートを歩いたら‘七ツ釜避難小屋’見逃しちゃったふらふら どんどん風も強くなって来て台風

変な雲も出て来た↓


雲1.jpg雲2.jpg


F木師匠が「こんな日は無理するなよ。我々は11時半で引き返すから。」と声を掛けて下さいました なんとも心強いアドバイス 先行パーティが沢山居るのでついつい自分の力を過信してしまう所でした爆弾
1600m付近を過ぎた頃から足元にスズメくらいの大きさの鳥の亡骸がいくつも出て来ました  

どうしちゃったの小鳥ちゃんあせあせ(飛び散る汗)


11時半に登別パーティと別れた私達は12時をタイムリミット時計に行ける所まで頑張ってみましたが だんだんガスが濃くなって来て11時45分で終了ー(長音記号1)
下山して来る人達が高い所に見えたので1950m付近の急登が始まる場所と思われます
チラッとガスが薄くなるとワラワラと動き出し ガスが濃くなると立ち止まっている様子目
いやはや私達 ロスなかったら大変な所まで行っていたかもねどんっ(衝撃)
シールを外して小鳥ちゃんを踏まないように ガスの晴れ間を見て‘七ツ釜避難小屋’目指しますスキー

慎重に滑走↓


晴れ間1.jpg


小屋が見えた↓


七ツ釜避難小屋.jpg


小屋周辺では登別パーティの方がNHKの取材を受けていました映画

小屋入り口↓


小屋入口.jpg


下りはあっという間だったけれど斜度も雪質も私にぴったりで楽しかったスキー 満足るんるん&満足るんるん

駐車場に戻るとすでに帰られた車もありましたが 駐車場に入れなかった車が路肩に何十台も駐車してました車(セダン)車(RV)
途中の‘花立牧場公園’の広い駐車場で荷物のパッキング
えぇ これからJRで盛岡まで移動ですから新幹線
Aちゃんの荷物を覗くと目

一升瓶バー


ペットボトルを空にしてプレゼントしたら凄く喜んでくれました えへへわーい(嬉しい顔)

さて JR乗車前に温泉いい気分(温泉) 東由利道の駅へGO車(セダン)

宿河川の桜と鯉のぼり↓


こいのぼり.jpg

 
車を止めずに助手席から撮ったので残念カメラ

東由利の温泉は地元のご婦人達の会話が秋田訛りで懐かしい揺れるハート 従姉妹達に会いたくなっちゃったなぁ 
鳥海山ピークハント出来なかったし まだ登りたい東北の山もあるので今度はレスト日も計画して来ようっとパンチ
ちょっとお腹が空いたけれど盛岡で冷麺食べたいので我慢&我慢

待望の冷麺(大盛りです)↓


冷麺1.jpg冷麺2.jpg


Aちゃんは激辛 私は普通 どちらもまいうー(長音記号1)
駅前ビルに入っているこちらのお店は

行列の出来る店手(チョキ)


待ち時間50分でお食事20分 で 待ち時間の間に

お友達出来ましたわーい(嬉しい顔)


えぇ お友達作りが得意なAちゃんのトークで・・・
お昼に冷麺を食べに来てとっても美味しかったので夜は焼肉を食べに来たお二人
色々お話ししているうちに 山の話になって意気投合グッド(上向き矢印)
彼女の方は以前お勤めしていた会社にワンゲル部があって北海道の山も登ってるのー(長音記号1)
更に道南の七飯でホームスティした事もあって

北海道好きらしい黒ハート


韓流ドラマに出てくる女優さん並みにチャーミングで 相席でお食事させていただいたけどあまりの美しさキスマークに緊張しましたわあせあせ(飛び散る汗)
アドレス交換したので又逢えるといいなるんるん

旅も3日目が終了し 道の駅に着くとすぐに就寝モードでした眠い(睡眠)


posted by lucky at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック