2008年09月17日

ペテガリ岳(1736.2m)

コース・・・東尾根往復
メンバー・・・N波さん・M子さん

晴天晴れに恵まれた三連休るんるん ゆっくりのんびり日高の山なみを楽しんできました手(チョキ)

<1日目>
登山口発8:20 ポンヤオロマップ岳13:55〜14:20 テン場(1417峰コル)着16:55 (休憩時間トータル130分)

今回のポイントは

軽量化パンチ


山中2泊の個人装備と共同装備(水2.5L・共同食料2回分・予備食・ガス1個・ガスヘッド・コッフェル・炊事道具)と行動用飲み水3.5Lをいれて

18Kgパンチ


いつも持って行く、ミニトマトもビールも今回はガマン&ガマンちっ(怒った顔) ここの登山道はいきなりジクザクの

急登exclamation&question


荷物は重いし、体は慣れてないし

辛いもうやだ〜(悲しい顔)


尾根に出てからは徐々に高度が上がるけど、歩き易いのは最初の3Kmほど(1121m付近まで)
ここからポンヤオロマップ岳までは私が隠れちゃうくらいの笹薮があったりするのあせあせ(飛び散る汗)
それでも、たっぷり休憩を取って(お昼寝タイムまで眠い(睡眠)

ポンヤオロマップ↓


ポンヤオロマップ.JPG


予定時間をオーバーしてしまったけど、「暗くなる前にテン場に着けばいいべさ」って事で、ここでも25分の大休止決定
あらま、こんなにゆっくりペースだったらもっと背負ってきても良かったかしら?
ポンヤオロマップ岳を下り、目指す1417峰が近くなってきたけど

こんなに下るのがく〜(落胆した顔)


むー、登り返しがきついわたらーっ(汗)  「あと一息だよ〜」と声を掛けながらやっとテン場到着家
登山道から少し奥に入った所に、素晴らしいテン場がありましたわーい(嬉しい顔)

<2日目>
テン場発5:05 ペテガリ岳山頂10:40〜11:30 テン場着16:30 (休憩時間トータル145分)

本日も晴天晴れ 日帰り装備で出発ダッシュ(走り出すさま) 荷物は軽いし歩行距離も昨日より短いし

ルンルンるんるん


の予定が

いばらの道


でしたふらふら

やはり日高の山です いくら夏尾根といってもハイ松&岩稜なのだ爆弾 お気に入りのズボンが松ヤニだらけになっちゃったたらーっ(汗)
予想通りのアップダウンを繰り返して、1573m(国境稜線)では25分の大休止喫茶店 ペテガリ岳はもう

目の前目


山頂に着くと、西尾根からの登山者が5名 少し遅れてもう1名到着
ぐる〜っと山なみを堪能目カメラ 快晴無風で

最高グッド(上向き矢印)


ついつい目が行っちゃうのはやっぱり

1839峰(看板の左側)↓


山頂.JPG


あれ、なんだか看板の様子が以前と違うような・・・
そうそう、1995年の8月にA沢から登って西尾根を下りたのだパンチ

若かりし頃↓


13年前.JPG


ほらね〜、看板新しくなったんだNEW
さてさて本日も「暗くなる前に着けばいいべさ」って事で山頂に50分の滞在レストラン
帰り道、下りといってもアップダウンのいばらの道は登りとあまり変わらない時間が掛かったのでしたふらふら

<3日目>
テン場発7:10 登山口着13:15 (休憩時間トータル50分)

さすがに帰りは早いダッシュ(走り出すさま) 荷物も5Kgは軽くなっているはず ポンヤオロマップ岳は

ペテガリ岳見納めの場所↓


ペテガリ.JPG



またね手(パー)


と、手を振ってきました

今度は残雪期に北の方から縦走してみたいなぁと思うのです
posted by lucky at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。